年に一度の健康診断、人間ドッグを忘れずに

年に一度の健康診断、人間ドッグを忘れずに

学生の頃や、会社勤めであれば年に一度の健康診断があることが多いですね。若い頃は、気にしていなかった健康診断も、年を重ねるごとに体重だけではなく、血液検査の結果や同僚の数値、肝臓の数値などがだんだん気になり始めます。

 

健康保険の場合、被保険者本人の健康診断や人間ドックは職場からも義務として提示されるので、受けるのを忘れることはまずありません。ところが、フリーランスで働いていたり、経営者や役員、または専業主婦などの場合にはついつい、申し込みを忘れてしまったりすることが多くあります。

 

未就園児の子どもがいる場合など、わざわざ自分のために預けてまで健康診断に出かけるのは面倒になってしまいますよね。とはいうものの、年に一度は必ず健康診断や人間ドックを受けることが大事です。

 

経年での数値の推移や、万一経過観察項目が出た場合の経年変化など、確認することができます。また、簡易的な検査であっても、疑わしい事象があれば即時に指摘してもらえるので、すぐ再検査の手配を取ることができます。

 

再検査は、健診当日に言われることもあれば、数週間から1ヶ月後の検査結果通知の際に知らされることもあります。当日に言われる場合はその分緊急度が高い可能性があります。

 

たたし、多くの場合は再検査で異常なしとされるようです。年に一度、健診や人間ドックでのメディカルチェックを習慣化して、自分とご家族のために健康体を維持できるようにしていきましょう。人間ドックではわからない頭皮の健康についてはこちらのページをどうぞ。

 



関連記事

  1. 念願の散歩が出来るようになりました
  2. 会社がよくOKした
  3. 年に一度の健康診断、人間ドッグを忘れずに